【開催レポート】ニジマスを釣って燻製をつくろう サケ育て隊 せんだいセントラルパークピクニック×カワラカフェ

ニジマスを釣って燻製をつくろう

2015.11.28(sat)

釣り初が挑戦の高校生から、転勤で全国津々浦々を釣り歩いているベテランまで、全員がフライフィッシングは初というメンバーで開催しました。

会場となった作並渓流釣り場は今年度の営業を翌日で終了するということで多少の混雑を予想していましたが、増水気味で風も強かったこともあり客は少な目でゆったりと釣りをすることが出来ました。

しかしゆったりなのは釣り場のスペースだけで、釣りのコンディション的にはあまり良くないうえに慣れないキャストと強い風でラインが絡まるトラブルが続出でてんやわんやです。

1時間ほどすると次第にキャストが出来るようになり当たりも出るようになりますが、今度は”合わせ”がなかなか決まりません。

ロッドとラインの長さが一緒ならエサ釣りの感覚で簡単に合わせることが出来ますが、ラインが長く出ているうえにたるみもあるので、キャスト同様コツを掴むのに時間がかかります。

 

そして一つ一つの動作を失敗をしながらもくり返しくり返し行い、全ての要素が揃った時に魚とつながることができます。

この日も皆さん無事にニジマスを釣り上げることが出来ました。

 

釣りの後は燻製づくりは、お昼に鍋でも食べながら作業をする予定でしたが、ずっと外にいるのには寒すぎたので、前もって作っておいたニジマスの燻製を試食してから短縮バージョンで行いました。

釣り上げた魚の下処理後、塩をふり乾燥の仕方や燻し方を説明し、残りの作業は自宅でやっていただくことにしました。

 

後日、感想を伺うと釣ったその日は塩焼きで、そして翌日に燻製にしたものを食べとのことでした。

もちろん味は抜群だったそうです。

 

釣りも楽しみ、そして味も楽しむ。

釣り人の特権ですが、それほど敷居は高くありませんので、ぜひ皆さんもはじめてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

サケ育て隊

2015.12.10(Thu)~

今年も広瀬名取川漁協よりサケの発眼卵を譲り受け、市内の幼稚園や小学校などでサケの展示飼育を行っています。

ふ化は16日くらいからぽつぽつとはじまったようで、冬休み前にはほぼ終わったようです。

仙台市役所でも市民の部屋前で展示飼育を行っています。

これまでは河川課の協力で行ってきましたが、今年より職員内でサケ育て隊を募り有志によって飼育を行う計画で、すでに二度の勉強会も開催しました。

昼休みなどを利用して餌やりなどをしますので、近くを通った祭にはぜひお立ち寄り下さい。

 

1223DSC07739

 

1223IMG_20151210_141333

1223IMG_20151210_113935

1223IMG_4598

1223DSC07820

 

 

せんだいセントラルパーク・ピクニック×カワラカフェ

2015.12.20(Sun)

5月の1回目、10月の2回目に続き3回目の開催です。

実は11月から、寒い季節でも川を楽しむための「小屋」をこつこつと作ってきました。

今回はその小屋を活用してのピクニック×カワラカフェです。

組み立て式で分解すれば普通車にも積み込めるこの小屋、大人でも8人ぐらい入ることが出来ました。

景色を楽しむために前面を透明なシートで覆っているため、陽が当たると小屋の中はポカポカになります。

絵本の読み聞かせをしたりおしゃべりをしたり。

ホットサンドや入れたてコーヒーも楽しめました。

強度や組み立てなどに改善が必要ですが、吹雪のような環境じゃなければ十分に活躍してくれる小屋が出来ました。

この冬もう一度くらい出番を作ってみたいと思いますので、「寒いの嫌だな」という気持ちよりも、好奇心が上まわってしまうような方はぜひ広瀬川にいらしてください。

1223DSC07788 のコピー

1223DSC07793

1223DSC07791

122312335949_1036813276371314_1099415752_n

 

2015-12-23 | Posted in 活動報告No Comments » 

関連記事

Comment





Comment