朱線のアカハラ

「以前は近所に捕る人がいて、この時期になるとアカハラに山椒味噌つけて焼いて食べたんだ」と河原であった地元の方が教えてくれました。

一般的にはハヤとかウグイと呼ばれますが、産卵を控えたこの時期は腹に赤い縦線が浮かぶ事から、アカハラとも呼ばれます。

仙台でもウグイを食べる習慣があるんですね~と話していると、「ほら、あの人たちに聞いてみろ」と指さす方には胴長をはいた釣り人風な方が二人いて、

「最近、ハヤが減ったから」と、ウグイが産卵しやすいように小砂利の瀬を作っていました。

CA3I0001

なにやら熱心にあれこれ相談しているので、詳しくは聞くことができませんでしたが、アユやヤマメではない、いわゆる「ザッコ」を守ろうとする人がいて、ちょっぴり安心しました。

2014-05-25 | Posted in アーカイブNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment