団体紹介

私にとっての「小鮒釣りしかの川」は宮城県北部の田園地帯を流れる北上川水系の支流のさらに支流の小川。 この地で過ごした10数年間の川や田んぼや山林との関わり、そして嫌で嫌で仕方なかった田舎での生活が、今なぜかこうして地域や環境を良くしたいという活動の原動力になっているから不思議なものです。

煮物や野菜がたくさん入った味噌汁が恋しくなるように、日常のなかで口にしたり、目にしたり、体験してきたことは、やがて様々な場面で道しるべとなるでしょう。

カワラバンは、地域や環境の元気が無い今だからこそ、地域を代表する自然である川を主とした様々な体験や情報を提供し、一人一人が道しるべを手にするサポートをすることで、地域の環境保全と活性化を図ります。
カワラバン 代表 菅原正徳